贈与に関する金銭トラブル

贈与に関する金銭トラブルについて

法律においての贈与とは財産を無償で相手に与える意思を示し、相手がこれに承諾したことで生じる契約のことをいいます。現在日本では贈与税というものがあり、個人から何かしらの財産をもらったときは税金がかかります。税の基礎控除は年間110万円となっており、その金額までならばお金をもらっても課税されることはありません。この贈与税をしらずにお金を受け取ってしまう金銭トラブルでは、110万円以上の車を買うためにぴったりのお金を援助してもらうと後になって税金が発生し、お金がないので困ってしまったというケースがあります。このようなことを避けるには所有者をお金を出してくれる人、そして使用者をお金を受け取った人に設定することで税金を避けることができます。

 

上にもあるように無償で相手に金品を与え、相手も受け取ることを同意することで契約が成立します。金銭トラブルでははたして贈与なのか貸付なのかで揉めてしまうことがよくあります。たとえばお金を渡すときにあなたが貸したと思っていても、相手が貰ったと思っていれば金銭消費貸借契約をしたことにはなりません。お金の貸し借りについては書面がないと言った言わないの水掛け論になってしまうことが多く、なかなかスムーズに解決することはできません。このようなお金の問題の対策については相手がどんな気持ちでお金を受け取っていたのか立証することが必要です。

 

この他の金銭トラブルでは男女間の交際の中で使ったお金を取り返すことはできるのかという相談も多くなっています。基本的に誕生日やクリスマスのプレゼント、食事の代金などは後から返してもらうことができません。あなたがあげると言ってあげた金品、そして貰ったと思っている物についてはたとえ別れることになっても返済を求めることはできないので覚えておいてください。ただし相手に返せと脅されている、また絶対に貸したのに返してくれないなどこのような金銭トラブルに巻き込まれている方は一度法律の専門家に相談をしてみてください。

 

金銭 トラブル