金銭トラブルを未然に防ぐ借用書(契約書)の作り方

金銭トラブルを未然に防ぐ借用書(契約書)の作り方について

お金を貸したことを署名する書類として借用書があります。借用書なしでお金を貸してしまったという人が金銭トラブルに巻き込まれる可能性はとても高いです。この他にも契約書を交わしたのに後になって法的効力があまり無いと言われてしまい、債権を回収することが難しくなっているというケースもあります。

 

お金の貸し借りはたとえ家族や友人、彼氏や彼女など恋人であっても借用書を作成しておくことが金銭トラブル防止になります。インターネット上には書き方やサンプルなども掲載されているため、自分で作ってみようという方も多いですね。借金問題はお金を貸した側だけでなく借りる側についても書類を残すことでトラブル予防になります。たとえば借りるときに利率の取り決めをしておらず、後になって思っていたよりも高い利息を払うことになってしまった、期限があいまいだったために遅延金を請求されてしまったという人もいます。

 

金銭消費賃借契約書や金銭借用証書は、書式や雛形を参考に次のことに注意して作成しなくてはいけません。まずお金や物を借りたこと、貸したことが明確に分かるようにします。次に借りた人は誰で貸した人は誰なのかはっきりさせなくてはいけません。そしていつまでに返済(返却)するのか期限を設定します。この他にも支払方法や送れたときの遅延金、また貸金に対する利息なども決めておく必要があります。

 

もちろん自分で作成すれば特に費用はかかりませんが、金銭トラブルが起こってしまったときに法的効力を持った書面として使用するには借用書を公正証書として残すことがベストです。知識が無い方は弁護士や司法書士などからアドバイスを受けて作成するほうが安心です。

 

⇒金銭トラブル解決で評判の探偵・興信所一覧