生活保護受給者の金銭トラブル

生活保護受給者の金銭トラブルについて

生活保護とは経済的に困窮した人の最低限の生活を保障する国の制度です。生活保護受給者に借金の返済を求めることができるのかという金銭トラブルの相談はとても多いです。借金がある人が保護の申請をするときには役所から個人再生や任意調停、自己破産などの債務整理を進められることが一般的です。

 

もしお金を貸した人が生保の申請をするときに債務整理をしていた場合、債権を回収することはできなくなります。しかし個人間の貸し付けの場合ですと、本人が手続きを行わず債権が残っていることもよくあります。保護を受けているからといって支払い義務が消滅するわけではありませんから、その場合はあなたの債権も残っていることになります。

 

しかし原則として受給金を使って資産を増やしたり、また減らすことは認められていません。そのため借金についても受給金を使って返済することは禁止されています。また口座に振り込まれる保護費を差し押さえすることもできないので覚えておいてください。

 

借金をした人が自己破産をしてしまうと、生活保護に頼らず仕事をして暮らしていけるようになった後についても債権は消滅していることになりますから、いくら稼げるようになっていたとしても借金を回収する手立ては何もなくなってしまいます。逆に今保護を受けており何かしらの金銭トラブルがある方は今のうちに解決しておくと、元の生活に戻りやすくなるというわけです。自己解決できない金銭トラブルについては役所や民間の無料相談などを利用してくださいね。

 

金銭 トラブル