金銭トラブルにおいての内容証明書類・書面の活用法

金銭トラブルにおいての内容証明書類・書面の活用法について

内容証明とは郵便物を出した日付、出した人、宛先、そして書かれている書面の内容を日本郵便株式会社が謄本によって証明する制度のことをいいます。基本的に内容証明郵便は一般書き留め扱いになり、受取人を本人限定にしたりまた引受時刻証明や配達証明などを合わせて利用することにより、送った書類を確かに相手が受け取ったと証明できるようになります。

 

内容証明は金銭トラブル解決によく利用されています。法律では紛争があったときに相手に通知をしたかどうかということがとても重要視されています。たとえばいくら口頭で相手にお金を返すように伝えていたとしても、相手がそんなことは聞いていないと言い逃れし続けてしまうと時効になってしまうこともあるのです。そのため内容証明を利用することで、確かに借金の返済の督促状を送っていることを証明することができるというわけです。

 

内容証明は金銭トラブル対策にとても効力を発揮してくれます。たとえばお金を貸したときに念書や借用書などが無くても、内容証明を送ったことに対し相手から返済を待ってほしいといった返事があれば、借金の事実があった証拠として扱うことができるようになります。手続きは郵便局で簡単に取ることができますが、金銭トラブルにおいて無理にお金を要求してしまうと恐喝、脅迫として取られてしまう場合もあるので自分が不利になってしまうことが無いように手紙の書き方には注意しなくてはいけません。そのため不安な人は法律の専門家を頼り作成を依頼したりアドバイスを受けることがベストです。

 

金銭 トラブル