口約束による金銭トラブルの対策・対処法

口約束による金銭トラブルの対策・対処法について

お金の貸し借りはたとえ口約束であっても成立することをご存知でしょうか。法律上では貸主と借主の間に合意があり、なおかつ実際に金銭のやり取りがあればたとえ口頭の約束であったとしても契約は成立しています。ですから金銭トラブルの相手に借金を返すように伝えたときに、借用書が無いのだからお金を返す必要が無いと言われてしまったとしても、口約束していたこと自体を認めた場合はもちろん返済を求めることができます。

 

金銭トラブルに巻き込まれており、借金をしている相手が契約書が無いと言い張っている場合は、相手の口から過去にお金を借り返す約束をしていたことを聞き出すことができればお金を貸した証拠になります。ただし相手がお金を借りたことはないと言い張る場合については、やはりお金の貸し借りをした旨が分かる書類が無くてはなかなか金銭問題をすることはできません。これはたとえ弁護士に相談をしても、証拠が無ければ難しいと言われてしまうはずです。

 

では口約束の借金を返してもらえない場合の金銭トラブルはどのように対処すればいいのでしょうか。まず上記にもあるように本人にお金を返す気が無かったとしても、あなたからお金を借りたこと自体を認めさせることです。メールでもかまいませんし、話ができそうであればボイスレコーダーなどに会話の録音をしてみてください。少しでもお金を借りた事実が分かる情報が収集できれば、たとえ金銭消費貸借契約書などが無くても、契約成立を立証できる可能性が出てきます。一人で解決できそうにない場合はトラブル対策に精通した専門家を頼ることも考えてみてくださいね。

 

金銭 トラブル