金銭トラブルにつきものな暴力・脅迫への対処

金銭トラブルにつきものな暴力・脅迫への対処について

お金の返済を求めると大きな声で怒鳴られてしまったり、侮辱されるような発言をされた経験はありませんか。相手が威嚇してくるので怖い、お金を返してほしいのに殴られそうで請求できないといった金銭トラブルを抱えている方はかなり多いです。中には知り合いに暴力団がいると脅し、貸したお金を返さないどころか金銭をせびるような人物もいます。殺す、ボコボコにする、今度会ったら覚えていろといったような発言は脅迫になります。金銭トラブルに対処するなかでこのような発言を受け危険を感じた場合は、脅迫罪として警察に被害届を出すことも考えてください。

 

金銭トラブルでは生活費を入れない、借金を繰り返す夫に話をすると暴力行為を受けてしまったという相談もよくあります。このような場合暴行罪として刑事告訴することもできますし、家庭内でこのような行為が日常的にある場合はDVとして第三者に相談することがベストです。この他にも車を傷つけられたので修理代を請求すると、車を殴られてしまったという経験をしたことがある人もいます。この場合はもちろん器物破損になりますし、もしこの車と同じようにしてやるなどと言われた場合は脅迫になります。

 

相手を脅すことや身体そして精神を傷つけ損害を与えることは違法になります。暴力により怪我をした場合は傷害罪として罪を問うこともできます。怖い人だと感じる相手との金銭トラブルはこのような事態に巻き込まれる可能性がありますから、一人で不安な倍は専門家を頼り法的手段を用いてお金を取り戻すことも考えてみてくださいね。

 

金銭 トラブル